子育てしやすい注文住宅にするための工夫とは?

子育てしやすい注文住宅にするための工夫とは?

注文住宅を作る際に、子育てを行なっている人はどのような間取りにしたら良いのか悩みになってしまいます。 特に子どもが小さいと目を離したくない、子どもも両親と一緒に過ごしたいというケースはよくあります。そのため注文住宅を作る時には、家族共通のスペースを広くするとお互いに過ごしやすくなります。 家族が集まるリビング・ダイニングは広く取るようにします。オープンキッチンなどにすると、リビングにいる子どもの様子も見守りやすい間取りにつながります。 リビングの一部に和室などを作るのも人気です。おもちゃは和室のスペースだけと約束させることで、リビングの散らかりを防ぐことができ、引き戸で区切るように設計することで客室としても使えます。 できるなら玄関も広くすることが良いとされています。ベビーカーを広げたりできれば荷物の準備がスムーズになり、ベビーカーを卒業すれば靴や雨具、おもちゃなどを収納する場所として活用することが可能です。

注文住宅はイメージをきちんと伝えることが重要

夢のマイホームを注文住宅で実現できるというのは実に素晴らしいことです。しかし、せっかく建てたにも関わらず完成してから「思い描いていた家とは全く違った」「自分たちの希望通りにはならなかった」というケースは、少なくないようです。せっかく高い費用をかけて注文住宅を選んだのにそのような結果になるのは非常に悲しいといえます。理由としてはいろいろありますが、その一つにイメージが向こうに伝わらなかったからです。注文住宅は、完成してみないと、どのような家になるかは全く見当がつきません。ですから口頭であいまいに説明するなら、後悔する結果になりますので、口頭で言うだけではなくイメージがわかるような写真や画像などを持参することが重要です。さらに、向こう側には「一度言ったから大丈夫だろう」と思うのではなく、何度も説明したりコミュニケーションをすることで思い描いていた家になります。ぜひ、納得がゆくまで話し合いをしましょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の疑問

素敵なマイホームを建てることは多くの人の夢ですが、特に注文住宅はその夢を具現化するための素晴らしい選択肢の一つです。一般的な疑問をもって知ることはとても大切なことなので、より興味をもって理解を深めていきましょう。まず「住宅とは何か」また「予算に合わせた建て方とは」などのポイントを考慮しながら、理想のマイホームを建てるために慎重に計画していきます。建築後も定期的なメンテナンスが必要で、ハウスメーカーや建築家によるアフターケアの提供があるか確認することも必要です。

Search